友人に誘われ高尾の[火渡り祭り]へ行ってきました。
火渡り祭とは、御護摩(浄火により災厄を祓う火の行)でこれを修行するのは、心身修練の功を積んだ高尾山の山伏です。)火渡り祭では8メートル四方ほどの火が燃える中をホラ貝をふきながら素足で渡ったり、熱湯で身を清めたり勇壮な儀式は見応えがあり感動しました。

カメラを向けていると燃え盛る炎の熱に体中が暑くなり、顔は赤く火照ってしまいます。「今日は風がなかったので少し楽・・」とは友人の弁。山伏の火渡りが済むのを千人以上の一般参加の人達が火渡りの番を待っています。
今日は見物のみにして梵天札を頂きました。

火渡りが澄むと春は足早に進みます。
 
お蕎麦屋さんで昼食を取っていたら遠くからほら貝の音がかすかに聞こえ急いで外に出、大勢の 山伏が店でご祈祷する情景を見れた。
 
 
 
 
   
 
 
<梵天札>
火伏(ひぶせ)の御札として、火を扱う所にお祀り
するのが良いそうです。帰りがけ頂いてきました。